読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOS RMT 騎兵クラスのアーチャー新R8「ハッカペル」の詳細まとめ

今までアーチャー系クラスの中でコンパニオンに騎乗して戦うことが出来た騎兵タイプは、シュヴァルツライターしかいなかった。新R8クラスの「ハッカペル」は、アーチャー系で2番目の騎兵クラスになる。

シュヴァルツライターは「銃」を使うのが特徴だったが、ハッカペルではボウガンと「片手剣」という今までに無かったタイプの特殊な騎兵クラスに仕上がっています。

その直感的にイメージが掴みづらいコンセプトから、他のR8クラスと比較してやや忘れ去られがち。韓国でも「誰も興味ないけど…」という前置詞がつくことも多いクラス。この記事では、そんなハッカペルについて詳しくまとめ、全体像を捉えていきたい。

TOS RMT 最安値のシルバーのサービスを提供します。 
たくさんのご好評をいただきました、超好評販売中(=^o^=) 
また、TOS RMT ペタミオン などアイテム 種類が一番多いです激安販売
FF14 RMT のギル、FIFA17 RMTのコインのサービスも提供します。
TOS RMT の情報から、「騎兵クラスのアーチャー新R8「ハッカペル」の詳細まとめ」について、見つけました。
皆様に紹介させていただきます。

ハッカペルとは?

「ハッカペル」と聞くと、ついついお菓子とか飴をイメージしてしまうが、調べてみるとちゃんとした由来がある。ハッカペルは英語で「hackapell」または「hakkapeliitat」と書きます。

意味はフィンランド語で「叩き殺せ!」というもので、1600年代の三十年戦争で活躍したフィンランド人の傭兵(騎兵)たちが頻繁に「ハッカペル!」と叫んでいたのです。そうしているうちに「ハッカペルと叫ぶ人たち」という意味合いで「ハッカペリター」と呼ばれるように。(Wikipediaより)

ToSの開発陣も、このフィンランドのハッカペリターに着想を得て、アーチャーの新R8クラス「ハッカペル」を作ったようです。

ハッカペルは弓と近接武器を同時に使いこなす騎兵クラスです。機動性は極めて高く、弓と剣の様々な連携スキルを持っている。

弓と近接武器を同時に使う…に困惑する。銃と格闘ならイメージできるんですけど(ジョンウィックとか)、弓と近接武器は難しそう。コンパニオンで遠方から攻撃してから急接近して近接…って感じかな。

ということで、スキルの詳細を見ていこう。中身を見ないことにはなんとも言えない。

スカルプグニング

スカルプグニング
1
スキルLv スキル攻撃力 消費SP AoE OH CD
1 3748 52 3 2 20
2 4478.7 57
3 5209.4 62
4 5940.1 67
5 6670.8 72
6 7401.5 77
7 8132.2 82
8 8862.9 87
9 9593.6 92
10 10324.3 97
11 11055 102
12 11785.7 107
13 12516.4 112
14 13247.1 117
15 13977.8 122

敵の上半身を狙って素早く斬りつけるスキル。ミサイル属性攻撃で防御力が減少している敵に対しては追加ダメージも与える。

さて、このスキルは片手剣を使って相手を近距離から切りつけるスキルで、ヒット数はたったの2です。一見すると「地味」な攻撃スキルなんですが注目するべきは追加ダメージだ。

「スタック」による追加ダメージ

ハッカペルを理解する上で、もっとも重要なのが「スタック」というシステム。この「スカルプグニング」と、後で説明する「ストームボルト」は、スタックに応じて追加ダメージが発生する。

簡単に言うと、マルチショットLv10(ミサイル属性・10連発)で攻撃した直後にスカルプグニングを使うと、本来の2ヒットに加え、更に10ヒット追加されるのです。これ、結構強いのでは…。

  1. ミサイル属性の攻撃なら、スタックにカウントされる
  2. ミサイル属性攻撃1ヒットにつき、スタック1チャージ
  3. 与えたスタックに応じて追加ダメージが発生

スタックに上限は設定されていますが、正確な数は分かっていません。確か、15~16スタックが限度だったと思います(あくまでも、目視での確認なので目安です)。

そして、勘違いしないで欲しいのは、スタックは自分ではなく相手にチャージされるという点です。このため、AoEが低い、または範囲攻撃が無いと複数の敵に対してハッカペルの真価を発揮しづらいのです。

  • PvPや、ボス戦ならハッカペルの強さを出しやすい
  • PvEでも敵の数が多くて、こちらのAoEが不足しているとスタックを上手く配れない

ということになる。

まとめると、ハッカペルの主要攻撃スキルである「スカルプグニング」と「ストームボルト」は、そのまま使っても弱い。けれど、事前にミサイル属性攻撃を行ってスタックをチャージしておけば、大きくダメージが跳ね上がるシステム。

まさに弓と近接武器を使う騎兵クラスなんです。弓でスタックチャージして、近接武器で溜め込んだスタックを一気に解き放つ。思っていたより強そうです。

…説明がむずかしい。要するに弓系のスキルで攻撃しまくってからスカルプグニングを使うと強いよ!ってことで。

 攻撃力について

 

ハッカペルは片手剣とボウガンを持って戦います。基本的にダメージは「ボウガン依存」です。しかし、スカルプグニングのダメージだけは「片手剣依存」であることが韓国で検証済みです。

参照元아무도관심없는 하카펠 스킬정보+오른팔강화정보
特性スキル効果最大Lvその他
2 スカルプグニング:強化 特性Lv1ごとにダメージ1%追加 100 Lv50で約550万、Lv75で約4300万、Lv100で約3億3000万

ストームボルト

ストームボルト
3
スキルLv スキル攻撃力 消費SP 状態異常持続時間 出血確率 OH CD
1 6355 51 6 30% 2 18
2 7409.1 56 12
3 8463.2 61 18
4 9517.3 66 24
5 10571.4 71 30
6 11625.5 76 36
7 12679.6 81 42
8 13733.7 86 48
9 14787.8 91 54
10 15841.9 96 60
11 16896 101 66
12 17950.1 106 72
13 19004.2 111 78
14 20058.3 116 84
15 21112.4 121 90

強い力で急速に剣を突き刺して攻撃するスキル。ミサイル属性攻撃で防御力が減少している敵は、一定確率で10秒間「出血」を起こす。

そのまま使うとたったの1ヒットですが、さっきも説明したとおりストームボルトもスタックの対象になっています。ただし、スタックチャージの効率は0.5倍になっているようです。

例えば、Lv10のマルチショットを打ち込んでから、ストームボルトを使うと1ヒット+5ヒット追加になる。

カバリチャージ

カバリチャージ
4
スキルLv スキル攻撃力 消費SP AoE CD
1 6776.6 61 5 24
2 7931.5 69
3 9086.4 77
4 10241.3 85
5 11396.2 93
6 12551.1 101
7 13706 109
8 14860.9 117
9 16015.8 125
10 17170.7 133
11 18325.6 141
12 19480.5 149
13 20635.4 157
14 21790.3 165
15 22945.2 173

敵に対して前方突進しダメージを与える。カバリチャージに衝突された敵は一時的にクリティカルに対して脆弱になり、クリティカルヒットの確率が増加する(15秒ほど)。その他に…

  • デプロイパヴィス(床に盾を置くスキル)を突破できない
  • 射程は意外と短くて、画面の半分も無い様子(目視なので目安としてどうぞ)
  • AoEはそこそこ優秀
  • スタックチャージの対象外

スタックの対象外という時点で、優先度は低いスキルですね。

特性スキル効果最大Lvその他
5 カバリチャージ:強化 特性Lv1ごとにダメージ1%追加 100 Lv50で約550万、Lv75で約4300万、Lv100で約3億3000万

レッグショット

レッグショット
6
スキルLv スキル攻撃力 消費SP 移動速度低下 持続時間 OH CD
1 4950.8 49 50% 7 2 24
2 5825.5 54
3 6700.2 59
4 7574.9 64
5 8449.6 69
6 9324.3 74
7 10199 79
8 11073.7 84
9 11948.4 89
10 12823.1 94
11 13697.8 99
12 14572.5 104
13 15447.2 109
14 16321.9 114
15 17196.6 119

敵の足に発砲し、敵の移動速度を一時的に減少させる。なんというか、スキルのアイコンがとても痛そうなんですよね。思いっきり貫通してて…。

特性スキル効果最大Lvその他
7 レッグショット:強化 特性Lv1ごとにダメージ1%追加 100 Lv50で約550万、Lv75で約4300万、Lv100で約3億3000万
8 レッグショット:移動速度減少 特性Lv1ごとに移動速度減少1%追加 10 Lv10で約900万。消費SP+9

 

ハッカペルC2(情報のみ)

ハカペレ

ハカペレ
9
スキルLv 移動速度増加 持続時間 消費SP CD
1 22 3 59 50
2 24 4 69 51
3 26 5 79 52
4 28 6 89 53
5 30 7 99 54
6 32 8 109 55
7 34 9 119 56
8 36 10 129 57
9 38 11 139 58
10 40 12 149 59

叫び声を上げて突撃耐性を整える。コンパニオンに乗ったときの移動速度が一時的に上昇する。ただ、カタフラクトのトロットと比較すると、持続できないという点が痛い。

特性スキル効果最大Lvその他
10 ハカペレ コンパニオン搭乗状態で瞬間的にダッシュして移動速度を上昇させる 1 コストは約85万。

ハッカペルチャージ

ハッカペルチャージ
11
スキルLv スキル攻撃力 消費SP 持続時間 CD
1 751.2 59 16 45
2 910.43 70 17
3 1069.66 81 18
4 1228.89 92 19
5 1388.12 103 20
6 1547.35 114 21
7 1706.58 125 22
8 1865.81 136 23
9 2025.04 147 24
10 2184.27 158 25

コンパニオンに突進姿勢を取るように命令を出すスキル。移動中に周囲の敵へダメージを与える。

砲撃命令

砲撃命令
12
スキルLv スキル攻撃力 砲撃保持時間 消費SP CD
1 751.2 2.3 62 28
2 910.43 2.6 74
3 1069.66 2.9 86
4 1228.89 3.2 98
5 1388.12 3.5 110
6 1547.35 3.8 122
7 1706.58 4.1 134
8 1865.81 4.4 146
9 2025.04 4.7 158
10 2184.27 5 170

砲撃命令を下して攻撃力をサポートする。範囲内の敵は落ちてくる矢と弾丸に命中するたびにダメージを受ける。

特性スキル効果最大Lvその他
13 砲撃命令:強化 特性Lv1ごとにダメージ1%追加 100 不明

 

「ハッカペル」まとめ

hackapell_f hackapell_m

パッと見では非常にイメージが掴みづらいハッカペルだったが、スキルの内容を見ていくとだいたい分かったかと。ハッカペルを要約すると…

  1. トロットに類するスキルが今は無いので、機動性が高いという点は疑問
  2. 弓系(ミサイル属性)の攻撃でスタックをチャージし、近接スキルで解き放つという「コンボ」要素
  3. スタックシステムは強いが複数の敵に対してはAoEなどを工夫しないと上手く行かない可能性アリ
  4. カバリチャージによるクリティカル抵抗減少デバフはPvEで使える

正直に言うと、ちょっと扱いが難しそうなクラスです。スタックシステムの追加ダメージは確かに強いですが、狩り(Grind)で使うには何かとやっかいのところが多い。

このため、単体火力と範囲火力のどちらを重視するのかをハッキリさせておかないと「ハッカペル微妙過ぎる…」という結末が待っていそうだ(まぁ、ハッカペルに限らないが)。

ビルド構成

さっきも書いたとおり、単体と範囲のどちらを取るかで景色が変わってくるため、ビルド構成もだいたい2通りになっている。

ハッカペルのビルド案
単体火力重視 範囲火力重視
フレッチャー(ポイズンシューター)を経由してハッカペルへ スカウト(レンジャー)を経由し、ファルコナーを通してからハッカペルへ

単体火力に強いフレッチャーやポイズンシューターを経由してからハッカペルへ行き、単体火力に専念するビルド。

もうひとつが範囲火力に優れているスカウト(スプレッドアロー)や、レンジャー(バラージ)を経由し、ファルコナーのサークリング(AoE増大)を取るビルド。狩り(Grind)が目的なら使いやすそう。

ただ…ハッカペルで範囲火力を目指すなら、メルゲンでも良さそうな気はしますね。メルゲンもファルコナーでAoEを増大させて戦うスタイルが多いので、狩り(Grind)が狙いなら無理にハッカペルを取る必要はないかも。

ということで以上、騎兵クラスのアーチャー新R8ハッカペルの詳細まとめ…でした。